相模原・町田の訪問鍼灸マッサージ リハビリ|うのもり健康ケア

  • 「ホームページを見て」とお電話下さい
  • TEL:042-747-9611
  • 相模大野駅 徒歩15分
  • アクセス
  • 無料体験 受付中
  • 診療時間:9:00~18:00
  • 休  み:土・日曜/祝日

坐骨神経痛について

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛は割とよく聞く病名だと思いますが、それは病名と言うよりは症状として扱われます。その原因は多岐にわたり坐骨神経が刺激されることにより起こる神経痛のことです。坐骨神経は腰から始まり骨盤を通り足の先まで続く人体の中で最も長く太い神経です。非常に長く、また皮膚の比較的浅い部分を通るため、様々な箇所で圧迫を受けやすい神経の一つです。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の主な原因は神経への圧迫です。坐骨神経を障害する下記に挙げたさまざまな疾患や状態によって坐骨神経痛の症状が発生します。

椎間板ヘルニア
腰の背骨の骨と骨の間にはクッションの役割をする椎間板があります。その椎間板が外側に出っ張ることにより神経を圧迫し坐骨神経痛が発症します。スポーツや怪我などでの衝突や悪い姿勢での作業の継続などが原因と言われています。
腰部脊柱管狭窄症
背骨の中には脊髄という神経の束が通っています。その脊髄の通り道に当たる脊柱管というトンネルが狭くなることで脊髄を圧迫し坐骨神経痛が発症します。背骨、椎間板の変形や靭帯の肥厚などが脊柱管を狭める原因です。脊髄周囲の組織の加齢による変性が原因ですので、高齢者に多い疾患です。
梨状筋症候群
おしりに位置する梨状筋を通る坐骨神経が圧迫されることにより神経症状が現れます。座わった状態で症状が出現し、立位時や歩行時には症状が改善する傾向が見られます。腰部の脊椎の状態に坐骨神経を障害する原因が無い場合は梨状筋症候群が疑われることが多いです。運動により梨状筋が緊張し発症することが多いです。
変形性腰椎症
背骨の間に挟まりクッションの役割をする椎間板が変形し、さらに腰椎と呼ばれる腰の背骨が変形することによって神経や脊髄を障害することで坐骨神経痛が発症します。骨の変形はトゲ状に出っ張るため神経を圧迫することになります。
腰椎すべり症
腰の背骨の腰椎はいくつもの骨が上から下に連なっています。その連結している上の骨と下の骨が前後方向にズレることでそのズレた骨により神経を圧迫し坐骨神経痛が発症します。スポーツ時や怪我などの衝突などが原因となることが多いです。またはっきりとした起点が無くいつの間にかズレていたり先天的にズレていることもあるようです。
ストレス
背骨やおしりの筋肉などに明らかな原因となる変化が無い場合でも坐骨神経痛を起こすことがあるようです。近年、腰痛や坐骨神経痛の原因としてストレスの存在があげられています。ストレスにより自律神経の乱れが生じます。自律神経はリラックスしたり緊張したりを自分の意志とは関係なく、自律的に行っている神経のことです。ストレス状態であると筋肉や関節などが過度な緊張状態になり、坐骨神経を刺激することとなってしまい、坐骨神経痛を引き起こします。

坐骨神経痛の症状

おしりから足にかけての坐骨神経が走行している部分の痛みとしびれが主な症状です。人によって訴える症状は様々です。重い感じ、鈍痛、チクチクした感じ、電気が走るような感じ、灼熱感、冷感、脱力感などが良く聞かれる症状です。「間欠性跛行」と言って少し歩くと痛みで歩けなくなり、少し前かがみで休むと再び歩けるようになる症状も見られます。また、症状がひどくなると排尿・排便障害が起こることもあります。