相模原・町田の訪問鍼灸マッサージ リハビリ|うのもり健康ケア

  • 「ホームページを見て」とお電話下さい
  • TEL:042-747-9611
  • 相模大野駅 徒歩15分
  • アクセス
  • 無料体験 受付中
  • 診療時間:9:00~18:00
  • 休  み:土・日曜/祝日

脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症とは?

脊柱管とは背骨の後方にあり、頭のある上方向から腰のある下方向に神経の束である脊髄が通るトンネル状の管のことです。その管が狭くなり、中を通る脊髄を圧迫することで様々な障害を起こすものを脊柱管狭窄症と言います。障害の部位が腰あれば腰部脊柱管狭窄症、首であれば頸部脊柱管狭窄症と呼びます。腰部のものが多く発生しますので、ここでは主に腰部脊柱管狭窄症についての説明とします。

脊柱管の画像

脊柱管狭窄症の原因

加齢、労働、スポーツ、病気などにより脊柱管を構成する組織が脊柱管のトンネルを狭くする方向に突出することにより脊柱管の中を通る脊髄を圧迫します。椎間板の突出(ヘルニア)、靭帯の肥厚、腰椎の変形などが脊柱管を狭める原因になります。加齢によりこれらの組織は変性しやすいので、高齢者に多い障害の一つです。

脊柱管狭窄症の画像

脊柱管狭窄症の症状

しびれ、痛み、不快感、歩行障害(間欠性跛行)が主な症状になります。少し歩くと痛みで歩行が出来なくなるものの、少し休むと再び歩けるようになるものを「間欠性跛行」と呼び、腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状です。脊柱管狭窄症はひどくなると排尿障害、排便障害が現れることもあります。