相模原・町田の訪問鍼灸マッサージ リハビリ|うのもり健康ケア

  • 「ホームページを見て」とお電話下さい
  • TEL:042-747-9611
  • 相模大野駅 徒歩15分
  • アクセス
  • 無料体験 受付中
  • 診療時間:9:00~18:00
  • 休  み:土・日曜/祝日

脳出血について

脳出血とは?

脳出血は脳卒中(脳血管障害)と呼ばれるものの中でも血管が破れるものとして分類されます。脳出血は脳内の血管が破れ、脳内で出血する病態で、脳溢血(のういっけつ)と呼ばれることもあります。高血圧が原因となることが多いです。脳で起こる血管の破裂は「脳出血(脳内出血)」と「くも膜下出血」とに分類されます。

脳の比較的細い血管が破裂して出血したものを脳内出血、脳の表面に当たるくも膜という膜の下において脳動脈瘤(動脈にできたコブ)が破裂するものがくも膜下出血です。

脳卒中の分類

脳出血の原因

脳内の血管からの出血は脳出血あるいは脳内出血と呼ばれています。高血圧、糖尿病、高脂血症などがあると動脈硬化が進みます。脳の動脈硬化により脳の深くを栄養する細かい血管がもろくなり、破れやすくなると考えられています。もろくなった血管壁は高血圧により破裂し、脳内に出血した塊が出来ます。その血の塊によって脳を圧迫します。圧迫された脳の領域によって運動麻痺、感覚障害などの症状様々な症状を引き起こします。

脳出血の原因の約7割は高血圧が原因と言われています。また、脳動脈瘤や血管の奇形によっても脳出血を起こすことがあります。多くは高血圧や高脂血症、糖尿病などのいわゆる生活習慣病が原因となることが多いのですが血液をサラサラにする抗凝固薬を服用している人も脳出血を起こしやすい例もあるようです。

脳出血の初期症状

脳出血は脳梗塞に比べ突然に発症することが多く、その際には意識障害を起こすことがあります。よって予兆を感じることなく突然倒れてしまうことが多いのです。ただ軽い出血などの場合には初期症状もありますので、下記の脳卒中のFASTを頭に入れておく必要があります。

初期症状としては、ろれつが回らない、食べ物が口からこぼれ落ちる、片側の顔の麻痺、片側の手や腕のシビレや筋力の低下、片側の視力の急激な低下などがよく見られます。このような症状は脳出血や脳梗塞の疑いがありますので、なるべく早く医療機関を診察するようにしましょう。

脳卒中かな?と思ったらFASTで早めの対応を

脳卒中FAST

FASTとは顔の麻痺(ace)、腕の麻痺(rm)、言葉の障害(peech)の頭文字を取って組み合わせたもので、Tは時刻(ime)の頭文字で発症時刻のことです。三つの症状の有無と発症時刻を確認して、一刻も早く救急受診するよう呼びかけるスローガンです。