相模原・町田の訪問鍼灸マッサージ リハビリ|うのもり健康ケア

  • 「ホームページを見て」とお電話下さい
  • TEL:042-747-9611
  • 相模大野駅 徒歩15分
  • アクセス
  • 無料体験 受付中
  • 診療時間:9:00~18:00
  • 休  み:土・日曜/祝日

脳梗塞(のうこうそく)について

脳梗塞とは?

脳梗塞とは脳を栄養する動脈が詰まり、血流が途絶えることによって脳の神経細胞が死んでしまうことによりさまざまな病変を引き起こす病気です。

脳梗塞の分類と説明

脳血管障害(脳卒中)は下の図の通り、脳の血管が詰まる脳梗塞と脳の血管が破れ出血する脳出血とに大きく2つに分けられます。さらに脳梗塞は梗塞の成り立ちによってラクナ梗塞、アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓症の3つに分類されます。

脳卒中の分類
ラクナ梗塞
脳の血管は太い血管から細い血管へと分岐して張り巡らされています。その細い血管が狭くなり詰まることで起こるものがラクナ梗塞です。高血圧症によって引きおこされることが多く、日本人に最も多いタイプの脳梗塞です。ラクナ梗塞の症状は軽く、梗塞していても症状が現れないこともあります。
アテローム血栓性脳梗塞
動脈硬化(アテローム硬化)によって太い血管が狭くなることで血管が詰まることで起きるものがアテローム血栓性脳梗塞です。動脈の内側の壁にコレステロールなどの脂肪からなるドロドロした粥状物が溜まり血管が狭くなっていきます。高血圧症、高脂血症、糖尿病など動脈硬化を起こす病気が原因となります。
心原性脳塞栓症
心臓内に出来た血栓が血管を通り脳に運ばれ、脳の太い血管を詰まらせて起こるものが心原性脳梗塞です。心原性脳梗塞は急に発症し、症状も重篤になることが多いです。不整脈の一種である心房細動が原因として多いです。発症直後の神経症状の完成や失語、失行、失認などの高次脳機能障害を伴うことが多いです。

脳梗塞の初期症状

脳梗塞は突然発症するものと考えられていますが、その多くは発症の前兆が見られることがあります。

脳梗塞の前兆は一過性脳虚血発作と呼ばれているもので、数分から約30分位の短い時間で治まってしまいます。ただ、その前兆が起こる人の多くは軽い脳梗塞を発症している可能性があるので注意が必要です。

一過性脳虚血発作の症状はろれつが回らない、食べ物が口からこぼれ落ちる、片側の顔の麻痺、片側の手や腕のシビレや筋力の低下、片側の視力の急激な低下などがよく見られます。たとえ数分で治まったとしても一過性の脳虚血発作ですので、なるべく早く医療機関を診察するようにしましょう。

脳卒中かな?と思ったらFASTで早めの対応を

脳卒中FAST

FASTとは顔の麻痺(ace)、腕の麻痺(rm)、言葉の障害(peech)の頭文字を取って組み合わせたもので、Tは時刻(ime)の頭文字で発症時刻のことです。三つの症状の有無と発症時刻を確認して、一刻も早く救急受診するよう呼びかけるスローガンです。